小顔の施術色々

カウンセリング

プチ小顔術とは

今話題の小顔になれる方法として、プチ小顔術というものがあります。プチ小顔術といえば、ボトックス注射です。ボトックス注射はエラに注射することで、かなり小顔に効果的だということが分かっています。エラ部分だけが小さくなる上に、切開することがないので、手軽に小顔になることができます。また、施術の効果が、すぐに現れるわけではないのがプチ小顔術の特徴です。2.3日後から効果が現れて、1ヶ月後に効果が一番大きくなります。半年ほど継続できますが、効果が無くなってきたら追加で注射する必要があります。また、ボトックス注射のいい効果として、顎関節症が改善することがあります。エラが張っていて顎関節症がきになる方ならおすすめの方法です。

本格的なエラ対策!骨削りとは

ボトックス注射をしても効果に満足できない。もともとの骨格が大きいからどうしようもないと思っている方には骨削りがおすすめです。骨削りは本格的な整形なので、イメージ通りの顔の形にすることができますし、かなり大幅な小顔効果を得ることができます。大きな手術になるので、ダウンタイムが長く、2週間ほどかかることがあります。入院になることもあるので、骨削りをするためには長期の休みがないと難しいです。また、しばらく包帯を付けなくてはいけないなど、骨削りをするにはかなりのハードルがあります。しかし、骨削りにはかなり大きな効果が得られるので、本気で小顔になりたい!と願うなら、骨削りの相談をしてみましょう。また、後遺症が心配なときにも美容整形外科で相談すれば丁寧に答えてもらえます。アフターケアをどうしているかをよく聞いておくと丁寧にしてくれるクリニックか判断することもできます。また、ボトックスとちがって効果がなくなることはありません。持続性があるので、長い間小顔になることができます。